未分類 @ 17 1月 2015, お金が大好きな私がお金を借りることを考える はコメントを受け付けていません。

お金は生活の一部として切り離せないものであり、非常に大切なものです。
正直なところお金は大好きですし、お金が大量にほしいなと思うことはしばしばあります。

では、お金を借りるか?これは非常に微妙な問題です。
今回は5千円以上の少々大きな金額を遊ぶ金ほしさに借りるということを前提に2つの側面からお話しします。

まず、お金を借りるということは当然返さなくてはなりません。
お財布を忘れた折などに小銭の貸し借りはたまにありますが、お金を返すというのはすごくさみしい気持ちになります。
そもそもお金が大好きなのに、お金を返すというようなさみしい気持ちになる行為をするのはすごく精神衛生上に悪い気がします。

次に、お金を借りるためには借りる相手が必要です。
もし誰かから借りるのであれば、相手は人間です。
その場合、信用が必要ですが、お金の切れ目は縁の切れ目。
ただでさえ少ない信用してくれている知人を減らしても良いのでしょうか。
では、人間が相手ではなく、金融系の会社の場合。
これは手続きが面倒くさいし、利息が付いてきます。

以上の2つの観点から、私はできる限りお金を借りたくないと思います。